憧れの街に佇む、大きくて広い高級住宅。
誰しも一度は住んでみたいと、胸をときめかせた経験があるかと思います。
このサイトでは、そんな邸宅を建てるにふさわしい、首都圏でも指折りの高級住宅街と、安心して設計やデザイン・プロデュースを任せられる会社を紹介しています。理想の高級住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_白いリビング
曲線の美しい階段と吹き抜けが魅力のリビング
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=3(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_景色の見えるリビング
景色もデザインの一部。解放感のあるくつろぎ空間
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=4(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_クラシック家具のリビング
イギリスのクラシック家具が主役のゴージャスな洋館
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=48(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
住むべきエリア・選ぶべき会社が分かる高級住宅百科 » 高級住宅地の住人案内 » 高級住宅地の定義とは

高級住宅地の定義とは

物件を探していると「高級住宅地」という言葉を目にすることがあると思います。「ラグジュアリーな高級住宅地で」という表記は、家を探していると魅力的に映るもの。

では、実際に高級住宅地の定義とは、どのようなものなのでしょう。閑静で暮らしやすい住宅地を形容する表現として用いられているのは分かりますが、明確な定義はあるのでしょうか。今回は「高級住宅地」について、考えてみます。

「高級住宅地」に明確な定義はない

落ち着いた住宅地

実は「高級住宅地」とされる場所に、実際は明確な定義がある訳ではありません。

居住環境が良好であり、従来から名声が高い住宅街を「高級住宅地」と呼ぶ傾向にありますが、「居住環境がいい」という感じ方も一人ひとり違いますし、由緒ある名声高い住宅街というのも、判断基準が人によってやはり異なります。ですから、明確な定義づけというものはありません。

ただ、100坪以上の広さを持つ大邸宅が立ち並び、街全体が区画整理されていて植生と展望、景観が優れ、整然としている街が「高級住宅地」と形容されると言うことはできるでしょう。330㎡超の整形且つ平坦な土地に建てられている建物を「優良住宅」と言いますが、そのエリアには優良住宅が数多く存在していることが、一つの大きな特徴と言えます。

「高級住宅地」を選ぶ理由

「どうせ住まいを構えるなら、高級住宅地に」と考える方も多いようです。では、なぜそのように思うのでしょうか。

「高級住宅地」というブランドイメージに魅力に感じている方や、ステイタスとして手に入れたいと考える方もいらっしゃるでしょう。子どもがいる家庭においてはその治安の良さや安全面が魅力であったり、その学区の小学校や中学校に通う子どもたちとその保護者がある程度同じ価値観を持っていて、安心できるというメリットも大きいと言えるでしょう。

自分や家族の生活ベースとなる我が家を高級住宅地に構えることは、未来の子孫にまで受け継がれる財産ともなり得るという点においても魅力です。

「高級住宅地」と言っても多種多様

一言で「高級住宅地」と言っても、みな同じではありません。それぞれの街が独自の価値を創出するべく、取り組みを行っています。

都心に位置しながら閑静であることや、郊外ならではの広さと緑の豊かさ、子育てファミリーに優しい環境と、さまざまな付加価値がその街の魅力をさらに大きなものへと膨らませています。ただ単に「高級住宅地ならどこでもいい」と考えていると、街によって特徴があることに気づけず勿体ない面も。

自分たちにとってどの高級住宅地が最も適しているかを考え、検討するためには、ライフスタイルや家族構成に合った街を探すことが大切なポイントとなります。

「高級住宅地」に住むメリット

「高級住宅地に住むメリットは何だろう?」と具体的に考えてみると、どのような点が挙げられるのでしょうか。

高級住宅地に建てられている家はすべて注文住宅であり、大きなプールがあったり、庭に池があったり、建物自体も一つひとつ個性的であると同時に品があり、同じ家は一つとしてないのに不思議と統一感のある街並みが広がっています。こういった高級住宅地に住むメリットとは、どのようなものがあるのでしょう。

まずは人が少なく、落ち着いた住環境があるということ。土地の広さに比べて、住んでいる人口が少ないため、人口密度が低いということになるのです。落ち着いて生活をすることができる環境は、日々生活する上で大きな魅力と言えるでしょう。

また、美しい庭を所有する家が多いため、それぞれの住宅からも四季を感じる木々や花が見られ、その上街路樹の多さも景観を美しく彩るものとなっています。マンションもほとんどなく、建てられていても低層であるため、街の景観を邪魔しないものとなっています。

そして、ある程度社会的地位を持つ方たちが住まいとしている街ですから、治安が非常に良いというのもメリットと言えるでしょう。教育環境という意味でも意識の高い方たちが集っているので、子育てをしやすい環境であると言うことが出来ます。

高級住宅地に住むデメリットとは

高級住宅地に住むデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

「高級住宅地にはコンビニエンスストアやスーパーマーケットを見かけない」というのも、共通点のひとつとして挙げられると思います。仕事帰りにちょっと買い物を、と気軽に立ち寄ることが出来るお店があまりないというのが、高級住宅地に住むデメリットと言えるかもしれません。

ファミリー世帯の場合は、買い出しは車が基本。電動自転車で隣町まで買い物に出かけるというのも、珍しくはありません。

 高級住宅地

まとめ

「高級住宅地」の定義づけをするとすれば、落ち着いた住環境と美しい街並み、そして治安の良さが備わった街ということが出来るかもしれません。

都心にありながら、緑豊かで穏やかな人々が住む静かな街、それが「高級住宅地」なのです。

高級住宅をつくる
3人の巨匠たち
LEGEND
山川幹夫 イメージ画像_サイドカラム
山川幹夫
引用元:DESIGN HOUSE
(青山ライフ出版)
高いデザイン性と施主目線での提案、良心的な価格が好評の山川設計代表
寺島茂 イメージ画像_サイドカラム
寺島茂
引用元:テラジマアーキテクツ
(http://www.kenchikuka.co.jp/)
シンプルモダンな完全自由設計が人気のテラジマアーキテクツ代表
甲村健一 イメージ画像_サイドカラム
甲村健一
引用元:KEN一級建築士事務所
(http://www.ken-architects.com/)
ダイナミックな空間構成と和モダンデザインが得意なKEN一級建築士事務所代表
BACK TO TOP