日本の人気高級別荘地に建つ
高級注文住宅・豪邸

那須の別荘

皇室の御用邸もある、
日本でも有数の高級別荘地

自然豊かな那須は、皇室の御用邸もあることで知られる、日本でも有数の高級別荘地です。東京からのアクセスも良く、自然だけでなく様々な観光施設も楽しめるのが魅力の場所です。

Attraction

那須が別荘地として人気の理由は? 那須の魅力

Point

1.

那須の別荘地としての魅力 その1

豊かな自然と
史跡を持つ避暑地

那須が別荘地として人気となった最大の理由は、夏でも涼しく爽やかで、避暑地として非常に適していたためです。ですのでどうしても夏の別荘地としての印象があるのですが、那須は1年を通して自然が楽しめる地域でもあります。
環境省のかおり風景百選※の1つに指定された「八幡ツツジ群落」や「堂の下の岩観音」「弁天吊橋」といった、四季の自然を楽しめるスポットが豊富であり、お子さんも楽しめる自然を生かしたテーマパークも多いので、ゆったりとした時間を感じながらも、子供との楽しい時間も過ごせる地域です。

※参照元:環境省「かおり風景100選一覧表」
https://www.env.go.jp/press/files/jp/2930.html

Point

2.

那須の別荘地としての魅力 その2

数多くの史跡を
めぐって歴史を感じる

那須のもう一つの魅力は、歴史を感じる史跡が多くあるところでしょう。国指定重要文化財や栃木県指定文化財など価値の高い史跡が多数点在しており、これらの史跡を巡るのは観光客にも人気となっています。例えば、九尾の狐伝説にまつわる史跡「殺生石」は、栃木県の指定文化財に選ばれていて、那須の代表的な史跡として多くの人が訪れているそうです。知的好奇心の赴くままに、興味深い史跡めぐりができるのも、那須が別荘地として人気があるポイントでしょう。

Point

3.

那須の別荘地としての魅力 その3

温泉地近くなら
別荘に温泉を引くことも

那須は温泉地としても有名で、特に「鬼怒川温泉」「那須湯本温泉」は知名度が高く、温泉を目当てに多くの観光客が足を運んでいます。ホテルなどの温泉だけではなく秘湯も多く点在しているので、自分の気に入った温泉を見つけるのも楽しみの一つ。また、別荘を建てる際に温泉を引き込みたい、という希望も叶えることができます。ただし、引き込む場所によって泉質が変わってくるそうなので、どんな泉質の温泉が引けるのか確認して別荘地を検討するとよいでしょう。

Check point

那須に建てるならこんな別荘

澄んだ空気を堪能する
癒しのテラス。

木の温もりが建物全体に感じられる、オーナー家族が心から安らげる邸宅。1階リビングや2階のスタディースペース、浴室からも、中庭に広がる青々とした緑を眺めることができ、テラスでは森林浴のような癒しのひと時を堪能できます。

尽きぬ話は
暖かな囲炉裏を囲んで。

和の心が存分に感じられる伝統的な日本建築の中に、スタイリッシュな洋の香りがする和モダンリビング。畳敷きのリビングには、本格的な炭火を贅沢に楽しめる「囲炉裏」が。和の暖かさと懐かしさが味わえる心地よいひとときを過ごせます。

開放感あふれる
大パノラマビューの家。

四季の表情の移り変わりを堪能できる特別なリビングルーム。天井まで一面に貼られたガラスの向こうには、美しい大自然が広がっているのが一望できます。無垢の材料や重厚な素材を使用することで、時を経て深みが増していく魅力があります。

那須に別荘を検討する際に
知っておきたいこと

那須の平均坪単価

土地によって
価格の振れ幅が大きい

那須町の平均坪単価は、平成30年の公示価格によると、6万3千円弱。しかし、地域によってその振れ幅は大きく、最大で7万円、最低で1万6千円というデータも。売り物件では坪単価2万5千円~3万5千円といったものが多く見られますが、1万円台のものも少なくないようです。

Check

那須の
建築条例、規制

景観に関する条例があるので
要チェック

那須に別荘を建てる時には、もちろんその土地の建築基準や建ぺい率などを調べ、それに沿った設計をしなければなりません。また那須町には、「那須町景観条例」という景観に関する条例や、補助金制度などがありますので、こちらも併せてチェックを行ったうえで設計に入りましょう。

Check

那須の治安

治安はおおむね良好、
子育て世帯にも安心

那須町の治安は観光地でありますがおおむね良好で、特に重大犯罪などの不安要素はほぼないということです。自然が多く静かな住環境ですし、高齢化は進んでいますが子育てサポートも充実していますので、長期滞在や住居として使用する場合にも、子育て世代に安心して暮らすことのできる住環境であるといえます。

Check

那須の
交通アクセス

東京へも通勤可能な
アクセスの良さ

那須の魅力は、その交通アクセスの良さも挙げられます。東北新幹線を利用すれば東京から約75分ですので、通勤も可能です。また車を利用した場合は、東京から東北自動車道を使って那須I.C.まで約100分(1時間40分)ほどと、都心からのアクセスはとても良好な別荘地と言えます。

那須の別荘地周辺
おすすめスポット

八幡ツツジ群落

栃木県那須郡那須町湯本

20万本のツツジが咲き誇る絶景

環境省の「かおり風景百選」に選ばれた「八幡ツツジ群落」は、おおよそ23ヘクタールの敷地に20万本のヤマツツジやレンゲツツジが植えられています。例年シーズンである5月下旬には地域一帯が真っ赤に染まる、圧倒的な絶景を楽しむことができます。

殺生石

栃木県那須郡那須町湯本

九尾の狐伝説で人気の史跡

火山性の有毒ガスが噴出している、那須高原賽の河原にある岩塊です。九尾の狐伝説にまつわる場所であり、那須を代表する史跡の一つです。栃木県指定文化財にも選ばれていて、観光客からも人気のスポットとなっています。

那須高原展望台
(恋人の聖地)

栃木県那須郡那須町湯本

那須高原を一望する恋人の聖地

那須高原を一望できる「那須高原展望台」は、展望の美しさもさることながら、第18回「恋人の聖地」選定委員会において、全国で100番目の「恋人の聖地」として認定されており、カップルが訪れる人気のデートスポットとなっています。

弁天吊橋

栃木県那須郡那須町湯本

紅葉を望む絶景のビューポイント

弁天吊橋は、橋の全長が65メートルあり、50メートルを超える吊橋としては、栃木県で最も標高が高い位置にかけられた吊橋です。そのため、山の絶景が素晴らしく特に紅葉の時期は絶好のビューポイントとして人気があります。

堂の下の岩観音

栃木県那須郡那須町芦野383

幻想的な雰囲気が美しいお堂

堂の下の岩観音は、那須町の指定文化財に認定されている観光スポットの一つです。特に桜の季節にはライトアップがなされ、水田に移る夜桜と観音堂の赤い屋根が、幻想的な雰囲気を醸し出す景色が、とても人気のスポットです。

三森家住宅

栃木県那須郡那須町伊王野

江戸中期の代表的な建造物

三森家住宅は、旧天領伊王野の交代名手であった三森家の住宅です。母屋は茅葺で、寄棟造の内部の太い木組が重厚な江戸中期の代表的な建造物です。また、切妻造の大きな長屋門も三森家住宅の特徴となっています。

那須に住む人の声

那須に住む人の声_001

騒音のない
とても静かな町

騒音がほとんどないので、とても静かな町です。近くの余笹川ふれあい公園では、毎年春になると綺麗な桜を楽しむことができますし、近所にドラッグストアができて便利になりました。

那須に住む人の声_002

子供が
自然の中で遊べる

黒田原駅の西側には余笹川が流れ、散歩コースにはピッタリです。それに公園やスポーツセンターなどの施設も充実していて、子供が自然の中で遊んだりスポーツしたりできます。

那須に住む人の声_003

高齢化と人口減少が
進んでいる

那須町では、人口減少と高齢化が進んでいると思います。ですが、その分介護施設がたくさんあるなど、お年寄り本人はもちろん、その家族にとっても安心できる街であると思います。

那須に住む人の声_004

駅周辺には
小さな医院が多い

駅の周辺には小さな医院が多いので、日常的な不安はありません。ですが、診療科目が多い総合病院はないので、地元にはない診療科を受けるには、他の町に行く必要があります。

Nasu's History

那須の歴史を知る

雄大な那須連峰の
主峰・茶臼岳の扇状地

那須は、那須連峰の主峰であり活火山である茶臼岳の扇状地で、西暦630年から温泉地として広く親しまれてきました。また、豊かな自然に恵まれていることから、観光業をはじめ、農林業や畜産業、石材業も盛んにおこなわれ、現在も発展を続けています。また、高原ならではの涼しく爽やかな気候は避暑地としても注目され、大正15年には皇族の別荘である那須御用邸が建設されるなど、別荘地としての需要も増えていきました。

Recommend

那須の別荘地は
こんな方にとくにオススメ

子供も楽しめる場所が多く、
ファミリー層にオススメ。

別荘地というと、どちらかと言えば大人がゆっくりと過ごすのに適した場所が多いのですが、那須には動物と触れ合えるテーマパークなど、子供も楽しめる施設が多く存在します。また、東京から近い避暑地として交通のアクセスが良いこともあり、特にファミリー層にオススメの別荘地であるといえるでしょう。