憧れの街に佇む、大きくて広い高級住宅。
誰しも一度は住んでみたいと、胸をときめかせた経験があるかと思います。
このサイトでは、そんな邸宅を建てるにふさわしい、首都圏でも指折りの高級住宅街と、安心して設計やデザイン・プロデュースを任せられる会社を紹介しています。理想の高級住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_白いリビング
曲線の美しい階段と吹き抜けが魅力のリビング
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=3(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_景色の見えるリビング
景色もデザインの一部。解放感のあるくつろぎ空間
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=4(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_クラシック家具のリビング
イギリスのクラシック家具が主役のゴージャスな洋館
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=48(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
住むべきエリア・選ぶべき会社が分かる高級住宅百科 » 高級住宅地の住人案内 » 高級住宅地に住むメリットとデメリット

高級住宅地に住むメリットとデメリット

このページでは、高級住宅街や閑静な住宅街のメリット・デメリットを紹介します。

高級住宅街/閑静な住宅街のメリット

鶏が先か、卵が先かという話と似ていますが、閑静な住宅街には高級住宅が多いようです。

静かで落ち着いた居住環境が保たれているため、繁華街などの喧騒に煩わされることなく、穏やかな生活を送ることができるのです。

また高級住宅は、街の景観に溶け込みながらも、美しいデザインの外観を垣間見せてくれます。庭付きの一邸が多いため、必然的に緑も豊か。生活に求めたい「豊かさ」や「落ち着き・安らぎ」を日々実感できることが、高級住宅街に暮らす最大のメリットと言えるでしょう。

高級住宅街/閑静な住宅街のデメリット

とは言え、意外にデメリットが多いのも、高級住宅街の一面です。以下に見ていきましょう。

本当に安全?

「高級住宅街にガラの悪い人は住めないから、治安がいいだろう」。これは確かに事実かもしれません。しかし、夜間は人足がパッタリ途絶えてしまうのが、高級住宅街。思わぬ事件に遭遇しないよう、注意を怠らない方が良いかもしれません。

買い物が不便

高級住宅街には、商業施設が積極的に進出できないため、買い物は意外に不便です。うっかり買い忘れた品物を補充しようにも、店舗まで距離があったり、深夜営業の店やコンビニが極端に少なかったり…。さらに近隣の高級スーパーで販売されている商品が、他の地域に比べグッと割高になるというデメリットもあります。

また人目が気になり、スウェットにサンダルで買い物に行くのがはばかれる…、というような、思わぬ弊害もあるようです。さらに、地域の店は基本的に「ファミリー前提」。ひとりで気軽に食事ができるような店が、ほとんど営業していないという住みにくさも見受けられます。

いかがでしょうか?「閑静な住宅街」という環境には、それに見合う生活スタイルがあります。高級住宅は、基本的にどの街でも建設可能。土地を選ぶ際には「自分たちにとって快適な生活条件」を、よく吟味することが必要と言えるでしょう。

高級住宅をつくる
3人の巨匠たち
LEGEND
山川幹夫 イメージ画像_サイドカラム
山川幹夫
引用元:DESIGN HOUSE
(青山ライフ出版)
高いデザイン性と施主目線での提案、良心的な価格が好評の山川設計代表
寺島茂 イメージ画像_サイドカラム
寺島茂
引用元:テラジマアーキテクツ
(http://www.kenchikuka.co.jp/)
シンプルモダンな完全自由設計が人気のテラジマアーキテクツ代表
甲村健一 イメージ画像_サイドカラム
甲村健一
引用元:KEN一級建築士事務所
(http://www.ken-architects.com/)
ダイナミックな空間構成と和モダンデザインが得意なKEN一級建築士事務所代表
BACK TO TOP