憧れの街に佇む、大きくて広い高級住宅。
誰しも一度は住んでみたいと、胸をときめかせた経験があるかと思います。
このサイトでは、そんな邸宅を建てるにふさわしい、首都圏でも指折りの高級住宅街と、安心して設計やデザイン・プロデュースを任せられる会社を紹介しています。理想の高級住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_白いリビング
曲線の美しい階段と吹き抜けが魅力のリビング
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=3(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_景色の見えるリビング
景色もデザインの一部。解放感のあるくつろぎ空間
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=4(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_クラシック家具のリビング
イギリスのクラシック家具が主役のゴージャスな洋館
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=48(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
住むべきエリア・選ぶべき会社が分かる高級住宅百科 » 高級住宅地の住人案内 » どうすれば豪邸が建てられるのか

どうすれば豪邸が建てられるのか

このページでは、豪邸を建てる際の流れについて調べています。

豪邸を建てる際の流れ

住宅は大別して、注文住宅と建売住宅のふたつがあります。近年はセミオーダータイプの建売住宅も増えているため、家づくりのおおまかな流れは、以下のように共通しています。

  1. 予算決め
  2. 土地探し
  3. 依頼先探し
  4. ヒアリング→プラン提出
  5. 仮契約
  6. 地盤調査
  7. プランの詳細打ち合わせ→見積もり提出
  8. 本契約
  9. 住宅ローン申し込み、建築確認申請などの事務作業
  10. 着工
  11. 完成
  12. 引き渡し

いわゆる「高級住宅」は、注文住宅のハイグレード版となります。そのため4や7などの工程が、特に重要です。

ふんだんにコストをかけられる分、施主の希望やこだわりを最大限に反映することが、施工側のミッション。仕上がりに満足するには、打ち合わせの段階で思いつく限りの希望を伝え、実現できるか否かを確認していくことが必要です。

特に4の段階では、まだ依頼先が決定となったわけではありません。施主の希望を技術的に実現できるかどうかはもちろん、発想に共感できる相性の良い相手であるかどうかも、しっかりと見極めてください。また、豪邸の建築に慣れている業者を選ぶことも重要です。

より良いパートナーを見つけられれば、その後の作業もスムーズに進みます。

依頼先が得意とするデザインを知る

家づくり設計図マイホームは住み心地の良いことが一番。しかし、高級住宅の場合はデザインにも希望が最大限反映できますので、施主は希望のビジョンを明確にしておく必要があります。

住宅とひと口に言っても「和風」「南欧風」「南国リゾート」「モダンシンプル」など、さまざまなデザインが存在します。特に豪邸を目指す場合は、そのテイストがより明確に見えやすくなりますよ。

業者にはそれぞれの専門分野があり、工法や建材、家具などについて他社よりも深い知識や、実績を競い合っているもの。得意なデザインをあらかじめ確認しておくことで、依頼先の候補を絞っていくというやり方は、非常に賢明と言えます。

素材にこだわる

注文住宅と建売住宅の最大の違いは、家づくりに用いられる建材にあり、といっても過言ではありません。建売の場合は同質な建材を大量に仕入れるため、大幅なコストカットが実現しているのです。

しかし充分に費用をかけられる高級住宅の場合は、用途に合わせ、最適な建材をひとつひとつ吟味していくことも可能です。断熱性や安全性はもちろん、質感や触感にまでこだわって素材を選んでください。また、国産の資材にこだわってみるというのも、ひとつの方法です。

デザインだけでなく、資材にも豊富な選択肢を設けている業者を選んでくださいね。

高級住宅をつくる
3人の巨匠たち
LEGEND
山川幹夫 イメージ画像_サイドカラム
山川幹夫
引用元:DESIGN HOUSE
(青山ライフ出版)
高いデザイン性と施主目線での提案、良心的な価格が好評の山川設計代表
寺島茂 イメージ画像_サイドカラム
寺島茂
引用元:テラジマアーキテクツ
(http://www.kenchikuka.co.jp/)
シンプルモダンな完全自由設計が人気のテラジマアーキテクツ代表
甲村健一 イメージ画像_サイドカラム
甲村健一
引用元:KEN一級建築士事務所
(http://www.ken-architects.com/)
ダイナミックな空間構成と和モダンデザインが得意なKEN一級建築士事務所代表
BACK TO TOP