憧れの街に佇む、大きくて広い高級住宅。
誰しも一度は住んでみたいと、胸をときめかせた経験があるかと思います。
このサイトでは、そんな邸宅を建てるにふさわしい、首都圏でも指折りの高級住宅街と、安心して設計やデザイン・プロデュースを任せられる会社を紹介しています。理想の高級住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_白いリビング
曲線の美しい階段と吹き抜けが魅力のリビング
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=3(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_景色の見えるリビング
景色もデザインの一部。解放感のあるくつろぎ空間
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=4(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_クラシック家具のリビング
イギリスのクラシック家具が主役のゴージャスな洋館
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=48(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
住むべきエリア・選ぶべき会社が分かる高級住宅百科 » 高級住宅地の住人案内 » 海外の高級住宅事情

海外の高級住宅事情

このページでは、海外の高級住宅について調査しています。

海外の高級住宅事情を調査

高級住宅を建設し、誰もが羨む生活を送る日本人は数多くいますが、もともと日本は決して国土の広い国ではありません。

そこで以下に、広大な国土を誇る国の富裕層が暮らす、スケールの大きな高級住宅について紹介しましょう。

アメリカ

アメリカの街並みリーマンショック以降、厳しい経済状態を経験しているアメリカですが、国土は広大です。さらに資本主義国家のため「大きくて豪華なもの」には目がありません。

近年はロサンゼルス郊外の高級住宅街に、新たな豪邸が建設され続けている様子
「ゲストルームだけで1400平方メートル」「ガラス製ドーム天井のパーティルーム付き」
「195平方メートルのスパ内部には、サウナとマッサージルームを完備」
などの特徴を備えているそうです。

気になる価格は150億円~なのだとか。とは言え国内富裕層には買い手がなく、海外の富豪に向けた営業活動が行われているそうです。

中国

中国の街並み経済的な浮き沈みを経験している中国。都心部と農村部の間に広がる格差も問題視されています。しかし開放政策が急速に進み続ける都心部には、高級住宅が続々と建設されています。

中国も国土が広大ですから、高級住宅と名の付く物件の広さは、日本に比べ一桁違います(1000平方メートルの物件がザラにある)。また内部は中国らしい華やかな装飾に彩られた「中洋折衷」の豪華インテリアを展開。油を大量に使う中華料理法を踏まえ、キッチンはクローズとアイランドの2つを兼ね備えているのが普通だそうです。

近年は、14億円の豪邸を購入した中国富裕層の存在が、世界的な話題となりました。

インド

インド_タージマハル経済の急成長を経験中のインド。こちらも広大な国土を誇る大国です。

首都デリー南部の「ルティエンズ・バンガロー」には観光名所や大統領官邸があり、世界有数の高級住宅街(アウラングゼーブ通り周辺)が存在しています。その価格は、一邸30億円~というのだから、すごいですね。

とは言えインドは、宗教的な背景からも格差の激しい社会として知られます。ひとつひとつの都市が広大とは言え、高級住宅街の近隣にはスラムもある、混沌とした空間が現出しているのです。

カナダ

カナダの街並み世界で2番目に広い国土を有するカナダの高級住宅街は、首都バンクーバーに集中しているそうです。なかでもショーネシーと呼ばれるエリアに立ち並ぶ住宅は広大で、外側からは到底全体を捉えられません。緑豊かな庭は公園と呼んでも差し支えないほどの面積だそうです。

近年は投資目的でバンクーバーの住宅を購入する人が多く、その多くはアジア系なのだとか。果たしてその中には、日本の富裕層も含まれているのでしょうか?

高級住宅をつくる
3人の巨匠たち
LEGEND
山川幹夫 イメージ画像_サイドカラム
山川幹夫
引用元:DESIGN HOUSE
(青山ライフ出版)
高いデザイン性と施主目線での提案、良心的な価格が好評の山川設計代表
寺島茂 イメージ画像_サイドカラム
寺島茂
引用元:テラジマアーキテクツ
(http://www.kenchikuka.co.jp/)
シンプルモダンな完全自由設計が人気のテラジマアーキテクツ代表
甲村健一 イメージ画像_サイドカラム
甲村健一
引用元:KEN一級建築士事務所
(http://www.ken-architects.com/)
ダイナミックな空間構成と和モダンデザインが得意なKEN一級建築士事務所代表
BACK TO TOP