【モダン高級注文住宅・豪邸事例集】

和魂洋才を形にした
都会の中の家

洋の中に和の精神性を込めた、
終の住処

海外生活の長いオーナー夫妻からの依頼で建てられた、母屋と離れからなる高級注文住宅です。海外での生活が長かったことから、昔ながらの日本家屋に対する憧れを強く持つオーナー夫妻の要望を叶えるため、和の精神性を主軸とした「和魂洋才」の考え方が、この邸宅を設計するにあたってのテーマとなりました。

和魂洋才を形にした都会の中の家_001

まず母屋の方は、日常の生活をする場としての利便性と、ゆったりと過ごせる空間となるように、大きな掃き出し窓を側面に設置することで、屋内に外光をたっぷり取り入れる西洋的なデザイン。西洋建築風な天井高を活かした開放感のある造りをベースとしつつも、内装には日本建築の技術をふんだんに取り入れ、和の趣をも感じられるようになっています。

和魂洋才を形にした都会の中の家_002

洋の中に和の雰囲気を残す母屋とは逆に、離れは完全に独立した形とし、日本建築そのものを楽しむ建物になるよう設計されています。設計に和の魂を込めるこだわりは、2邸を繋ぐ露地にも表れています。母屋の玄関アプローチから離れにつながる露地には、石や苔、木をバランスよく配置することで、都会でありながら、まるで市中山居の雰囲気が味わえる工夫がされています。そして、露地の最後に現れる琉球石を使用した階段アプローチの先にある離れの外観は、今では日本全国でも珍しくなりつつある“銅板葺(どうばんぶき)”の屋根をはじめとし、長い庇(ひさし)、縁側といった、伝統的な日本家屋の特徴を踏まえた造りとなっています。

和魂洋才を形にした都会の中の家_003

また室内は、雪見障子や床の間といった日本伝統の建具や空間の演出を取り入れ、光の入り方をコントロールし、影を創ることで日本の美意識が表現。昔ながらの日本家屋の静謐、凛とした洗練が表現されています。
明るく広々として洋の要素が強い母屋と、古き良き日本を感じられる離れ。「終の住処は完全洋式でなく、洋の中に日本古来の素材や技術を駆使した家で生活したい」というオーナー夫妻の想いに応え設計されたこの邸宅は、海外生活が長いオーナー夫妻でも生活がしやすく、一方で日本家屋の懐かしさや美しさも堪能できる、贅沢な邸宅です。

和魂洋才を形にした都会の中の家_004
和魂洋才を形にした都会の中の家_005
和魂洋才を形にした都会の中の家_006
和魂洋才を形にした都会の中の家_007
和魂洋才を形にした都会の中の家_008
和魂洋才を形にした都会の中の家_009
和魂洋才を形にした都会の中の家_010
和魂洋才を形にした都会の中の家_011
和魂洋才を形にした都会の中の家_012

建築家のこだわり

建物のベースとして、西洋建築風な天井高を活かした開放感あふれる造りとなっていますが、その中にも日本的な雰囲気を感じられるように、内装には日本建築の技術を採用しました。
例えば、大空間となっているリビングダイニングの天井に、木組みが美しい日本建築のデザインである「格天井」を取り入れているのもその一つ。また、天井と床に用いている天然木には色の濃いものを選択することで、モダンで重厚感のある空間を演出しています。