憧れの街に佇む、大きくて広い高級住宅。
誰しも一度は住んでみたいと、胸をときめかせた経験があるかと思います。
このサイトでは、そんな邸宅を建てるにふさわしい、首都圏でも指折りの高級住宅街と、安心して設計やデザイン・プロデュースを任せられる会社を紹介しています。理想の高級住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_白いリビング
曲線の美しい階段と吹き抜けが魅力のリビング
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=3(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_景色の見えるリビング
景色もデザインの一部。解放感のあるくつろぎ空間
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=4(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
YAMAKAWA DESIGN INC. イメージ画像_クラシック家具のリビング
イギリスのクラシック家具が主役のゴージャスな洋館
引用元:http://www.yamakawa-design.co.jp/style/detail.html?id=48(建築会社:YAMAKAWA DESIGN INC.)
住むべきエリア・選ぶべき会社が分かる高級住宅百科 » 巨匠が造る高級注文住宅ガイド » 山川設計

山川設計

デザイン性と機能性に優れた住宅を手掛ける山川設計。

そのデザインセンスは数々のメディアに取り上げられるほど優れております。

またデザインだけでなく耐震性など住む方の事を考えた一邸を造り上げてくれます。

このページではそんな山川設計がつくる高級注文住宅の事例や評判を紹介します。

山川設計の特徴

高級住宅の専門誌などにも紹介されることが多い一級建築士・山川幹夫氏が、すべてのデザインを手掛けてくれる設計事務所

あくまで施工主の立場に立った提案を行うことがモットーで、デザイン性の高さと、施主のライフスタイルに合った機能性の高い一邸の完成を目指してくれます。

他の高級住宅ブランドに比べ、良心的な価格設定も魅力。また、すべての住宅を耐震性に優れた「RC構造」で建築してくれるので、安全性の面でも信頼できます。

高級注文住宅事例

山川設計 二世帯住宅
引用元:山川設計公式サイト
http://www.yamakawa-design.co.jp/sample/classic/t_house/t_house.html
神殿造りを思わせる立柱の堅固なデザインが驚きを誘う、2世帯の住宅の外観。その品格に溢れた佇まいは、地域の話題になっています。
山川設計 らせん階段のリビング
引用元:山川設計公式サイト
http://www.yamakawa-design.co.jp/sample/resort/w_house/w_house.html
白の螺旋階段に石張りの床、そして開口部からは海の見える景色が…。信じられないほど贅沢な、プライベートリビング空間です。
山川設計 重厚感のある高級住宅
引用元:山川設計公式サイト
http://www.yamakawa-design.co.jp/sample/europian/a_house/a_house.html
一見すると、とても個人宅とは思えないほど非日常的なハイグレードさを感じさせる一邸。内部には廻廊も設置されているのだそうです。
山川設計 吹き抜けのリビングダイニング
引用元:山川設計公式サイト
http://www.yamakawa-design.co.jp/sample/resort/h_house/h_house.html
2間続きのリビング奥には階段があり、踊り場と階下でのコミュニケーションも可能。ファッションショーが開催できそうなほどお洒落な空間です。
山川設計 吹き抜けの待合ロビー
引用元:山川設計公式サイト
http://www.yamakawa-design.co.jp/sample/classic/i_ryo_house/i_ryo_house.html

こちらの高級住宅の玄関付近には、なんと吹き抜けの待合ロビーが!窓ガラスを1枚隔てた外部には、水盤も設置されています。その華やかな社交ライフを想像すると、思わずため息。

山川設計の気になる坪単価

山川設計では良心的な基本坪単価に、その他の材料やデザインによって価格は変動します。

設計料は(平米数)×3万5千円が目安

RC構造の場合、基本は坪単価80万円~90万円になります。

坪単価とは・・・家を建てるときの1坪(約たたみ2枚分)にかかる建築費のことで、全体の建物の価格を延床面積で割ったもの。

山川幹夫氏の評判に関して

施工主のライフスタイル、そして希望を考慮した設計とデザイン、安全性など、すべてのバランスを考えた、こだわりの住まい作りを行っています。

鉄筋コンクリートの住宅設計を得意とし、ロートアイアンというヨーロッパでよく使われる技法を得意としている。

優雅な曲線でデザイン性のある階段を手掛けるなど、30年以上に渡りオーダーメイドの設計をしており実績があります。

山川幹夫氏のメディアへの出演

30年以上の実績と経験、独自のデザイン性など多くを認められ、メディアからの取材を受けています。

中でも多数掲載されるのは、「モダンリビング」

山川幹夫氏の独特なリビングの設計などを高く評価しているメディアでもあります。

その他、世界のインテリアの最先端を扱っている情報誌、「エルデコ」にも多数掲載されています。

山川氏の「エレガントな」というこだわりが多くのメディアをはじめ、依頼するオーナーを魅了しています。

山川幹夫氏の考える建築とは

印象的なアイアン使い

日本大学生産工学部建築工学科を卒業後、さまざまな建築設計会社や事務所を経て、山川設計を設立した山川幹夫氏。RC(鉄筋コンクリート)住宅を得意としており、新宿を拠点に30年以上に渡って完全オーダーメイドの設計を行なっています。

山川氏の代名詞ともいえるデザインが「ロートアイアン」です。ヨーロッパの建築でよく用いられる錬鉄の技法の1つで、門扉や階段の手すりなどの装飾に使われます。ねじりや優雅な曲線といった自由な造形ができるデザイン性の高さを持ち合わせており、優雅さや重厚感を演出できるのが特徴です。

山川氏は自身の設計の重要な要素に「エレガント」をあげており、ロートアイアンの装飾に力を入れているとのこと。国内外のインテリアとデザインを紹介する雑誌「ELLE DECOR」(2016年10月号150~151P)のインタビューでは、「ロートアイアンはファッションにおけるアクセサリー。繊細で美しい装飾は畏怖の感情を呼び起こし、セキュリティとしての役割を持っている」と答えています。

また、山川氏は新しい建物が作られては壊される日本の「スクラップ&ビルド」に疑問を抱いており、新しい建物がもてはやされるのではなく、ヨーロッパ建築のように人が長く住み続けてきた古く美しい建物にこそ価値が上がるべきだと考えています。そのため、一棟ごとにオリジナルデザインのロートアイアンを施し、長く愛される住宅づくりに情熱を注いでいるそうです。

ロートアイアンに用いられる「鉄」は、時を経るごとに素材の持ち味が増すもの。山川氏がデザインするロートアイアンの装飾にかかれば、年月は建物の劣化を招くものではなく、美しさを引き立たせるスパイスになるのです。

不動の価値のある建物が不動産であり、経年で美化していく住まいを提供することで、日本のスクラップ&ビルドの流れに一石を投じている山川氏。多くの顧客が高級ホテルやレストランといったラグジュアリーな装飾に目が肥えているため、顧客の理想とするデザインに応えるべくバリエーションの増加を日々心がけているそうです。

自分の作風に合った、もしくは作りたい家ではなく、顧客のニーズに合った設計に力を入れているとのこと。何世代にも渡って受け継がれていく家だからこそ、長く愛される住まいづくりに力をいれている山川氏のデザインは、顧客の理想やライフスタイルにあった内装や設備を実現しています。

エレガントさを追求する階段へのこだわり

映画「風と共に去りぬ」の中でスカーレット・オハラがドレスの裾をつまんで駆け降りたり、シンデレラがガラスの靴を落としたりなどの名シーンを見て、大きな階段に憧れた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。そのほかにも、多くの映画や舞台で「階段」が物語の重要なシーンを彩る情景の一部として使用されることがしばしばあります。

山川設計を設立した山川幹夫氏も、階段を単なる移動手段の機能としてではなく、住まいの中で最も物語が生まれる場所だと考えているとのこと。エレガントな空間づくりを左右する要として、シンプルな直線の階段ではなく優雅な湾曲や螺旋を描くデザインを得意としています。実際、山川氏のもとに飛び込む依頼のほとんどが「美しい階段」のデザインだそうです。

雑誌「ELLE DECOR」(2017年4月号 180~181P)のインタビューで、山川氏は「階段を上る人の姿は優雅でエレガントでなければいけない」と答えています。公式HPに設計事例や雑誌に掲載されたデザインが多く公開されており、階段がいかにエレガントな空間づくりに一役買っているのかを実感できるものばかりです。山川氏の代名詞でもあるロートアイアンの装飾と絶妙に調和した階段のデザインは、家にいながら映画の登場人物になったかのような特別感を味わえるのも魅力的。

優雅な湾曲や螺旋を描く階段はエレガントさを演出するだけではなく、山川氏曰く「階段をカーブさせることで、安全性も高まる」とのこと。直線的なデザインだと駆け下りがちな階段も、ゆるやかなカーブを描くことで自然とゆっくりとした足取りになるそうです。山川氏が手掛ける幅広の踏み板も安全性を高めている要素の1つ。長年住み続ける家だからこそ、唯一「安全性」だけはコストダウンしないというこだわりも、山川氏の設計の特徴です。

ホワイトキューブのような四角い平面の建築が多い中、緩やかなカーブを描く壁面や階段はラグジュアリーの証しでもあるとのこと。公式HPの設計事例の中にも、独特の曲線を描く住まい や玄関ホールをエレガントに彩るシンメトリーに配置された階段 など、山川氏ならではのデザインが光る建築や設計が多数掲載されています。「住まい=日常」というイメージを超え、外から玄関の扉を開けば映画の1シーンのような非日常的な空間の広がりを堪能できるのも、山川氏のデザインの魅力です。

住まいづくりは「住み手の夢を叶えるもの」というコンセプトをもとに、理想を諦めない住まいづくりをサポートしている山川氏。多くの商業・環境施設の設計に携わった豊富な経験を活かしながら、顧客の理想を実現するために国内外の建築や住宅の研究を積み重ねているそうです。

「土地を購入する前から山川氏への依頼を決めていた 」という顧客もいるほど、こだわりのあるデザイン性や高く理想を求め続けている姿勢が評価されています。

山川設計の評判

漠然としたイメージしかなかったのですが、「普通ではつまらない」という思いを汲んでくれて、まるで映画のセットのようにエレガントなデザインを提案してくれました。仕上がりも素晴らしく、満足しています。

地震の可能性を考えて、木造建築ではない会社を探していました。山川設計では確かな耐震性を持つRC造に対応可能で、デザインも素晴らしく、お願いして良かったと思っています。

ノウハウや実績を活かした提案を、細部に至るまで行ってくれます。打ち合わせを何度も重ねるなかで、「こちらのライフスタイルや要望を理解してくれているな」と実感できました。信頼できる設計事務所です。

他の家とはどこか違うものがいいという希望を叶えてくれました。映画のワンシーンにでてくるような部屋のデザインで、出来上がりもとてもよくて、イメージ通りです。

予算内でどうにかならないかと思っていました。相手にされないかなと思っていましたが、山川さんがいろいろと考えてくれて予算内でどうにかなると言ってくれました。そんな予算内でも、素敵なデザインなど精一杯やってくれて、アイデアを出してくれました。

新居をお願いしてよかったと思います。イメージを伝えると、すぐにサンプルを作ってくださり、いろんなアイデアをだして素敵なお家ができました。なかなかイメージ通りにならないものですが、山川さんのおかげで想像以上のできになり感謝しています

DATA

  • 所在地…東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル3F
  • アクセス…新宿駅南口/西口から徒歩10分
  • 営業時間…10~18時
  • 定休日…無休

 

高級住宅をつくる
3人の巨匠たち
LEGEND
山川幹夫 イメージ画像_サイドカラム
山川幹夫
引用元:DESIGN HOUSE
(青山ライフ出版)
高いデザイン性と施主目線での提案、良心的な価格が好評の山川設計代表
寺島茂 イメージ画像_サイドカラム
寺島茂
引用元:テラジマアーキテクツ
(http://www.kenchikuka.co.jp/)
シンプルモダンな完全自由設計が人気のテラジマアーキテクツ代表
甲村健一 イメージ画像_サイドカラム
甲村健一
引用元:KEN一級建築士事務所
(http://www.ken-architects.com/)
ダイナミックな空間構成と和モダンデザインが得意なKEN一級建築士事務所代表
BACK TO TOP