日本の高級住宅地と豪邸百科 帯広の高級注文住宅・豪邸

帯広に似合う高級注文住宅・豪邸カタログ

帯広に豪邸を建てるなら、こんな邸宅はいかがでしょうか。高級注文住宅専門の建築設計事務所HOPが手掛けた全国の邸宅から、帯広に似合う高級注文住宅例を、編集部がご提案します。

帯広の高級注文住宅・豪邸_001
帯広の高級注文住宅・豪邸_002
帯広の高級注文住宅・豪邸_003
帯広の高級注文住宅・豪邸_004
帯広の高級注文住宅・豪邸_001
帯広の高級注文住宅・豪邸_002
帯広の高級注文住宅・豪邸_003
帯広の高級注文住宅・豪邸_004

星空を切り取る中庭を持つ

円形の中庭を中央に配したこの邸宅では、車寄せを兼ねた印象的なアプローチからエントランス、玄関、ホール、リビングまでの動線に優雅な曲線を取り入れることで、円形庭の景色を誰もが味わえるように工夫されている。また、高さのある壁で外部からの目をシャットアウトした中庭は、星空を眺めながらのプライベートなガーデンパーティにも最適。

帯広の高級注文住宅・豪邸_005

趣味を存分に楽しむガレージ。

2階リビングの大きな窓からは、眼下に広がる街の景色を一望できる。地下には、オーナーの趣味である車やバイクを存分に楽しむことができるガレージと、キッチンまで備え付けられたこだわりのホビールームが。

帯広の高級注文住宅・豪邸_006

室内との繋がりを感じるモダンなテラス。

広々としたリビング・ダイニングを一望できるテラス席は、読書やコーヒーブレイク、ちょっとした気分転換に最適。美しい木目がテラス天井にも配され、室内からの繋がり・統一感を感じさせる。

帯広の高級注文住宅・豪邸_007

気品溢れる白壁の邸宅。

気品溢れるホワイトの外壁に、玄関や窓のブラウンがアクセントカラーとなり、モダンな印象を与える外観。夕暮れになると、アプローチに優しい光が灯り、家族をあたたかく迎えてくれる。

高級注文住宅専門「HOP」の
建築事例をもっと見る

帯広に
高級注文住宅・豪邸を建てるなら
知っておきたい基礎知識

帯広の特徴は?

一年を通して美しい四季の彩りと
折々のイベントを楽しめる街

帯広の語源は、アイヌ語の「川尻が幾重にも裂けているもの」を意味する「オ・ペレペレケ・プ」。澄んだ空気に美しい景色、広大な自然の恵みを受けた水や食べ物はどれも新鮮で美味しく、心豊かな暮らしを送るのに、帯広は最適な場所でしょう。
四季折々の山の変化を味わうことができ、冬になればたっぷり雪が積もるので、スキーやスノーボードを楽しむことも出来ます。観光スポットも多く、その自然の多さに惹かれて移住を計画する人も多いほど。気候は、雨が少なく晴天の日が多い場所。経済や文化、医療や教育なども充実した田園都市を目指しています。
また帯広はお菓子の町と言われるほど菓子店も多く、六花亭や柳月をはじめ、個人経営の菓子店が多数点在しています。乳製品から小麦やあずき、砂糖など、地元産の新鮮で美味しい素材を活用することが出来るため、フレッシュなスイーツをリーズナブルに味わう事が出来るのです。

帯広の坪単価は?

98,526円/坪
※2018年(平成30年) 時点

参照元:土地価格相場が分かる土地代データより
https://tochidai.info/

Attraction

街の魅力は?

帯広はイベントが多い“祭りの町”であることで有名です。
全国的にも知名度の高い『勝毎花火大会』の開催をはじめ、紅葉の名勝である岩内仙峡で行われる『岩内仙峡もみじまつり』、10月上旬に帯広競馬場で開催される『とかちばん馬まつり』、9月上旬にJR帯広駅北口広場で開催される『とかちマルシェ』など、イベント盛りだくさん。
中でも“帯広3大祭り”と呼ばれているのが、氷雪像が数多く展示される『おびひろ氷まつり』、十勝管内で一番大きな夏祭りである『おびひろ平原まつり』、3,000本の菊で埋め尽くされた圧巻の総合花檀が見所の『おびひろ菊まつり』です。
これらの祭りには全国から観光客が訪れ、大いに賑わいます。

Facility

周辺施設

郊外には大型スーパーやショッピングセンターが点在しています。大きな荷物を運んだり、まとめ買いするためには、車を所有していないと大変かもしれません。病院はたくさんあり、何かあったときも安心して通うことができます。また、レジャー施設や天然温泉も多く、緑豊かな公園も無数にあり、週末の予定を決めるのが楽しくなるでしょう。冬はウィンタースポーツで賑わい、スポーツイベントも盛んに行われています。
ただ市内中心部はドーナツ化現象が進んでおり、郊外に人口が流れているため、中心部には商店街などの手軽に日用品を買い物出来るような場所が減ってきています。また、ファッションブランド店が少ないのも、とくに女性にとっては難点かもしれません。
映画館やデパートなど娯楽施設がほとんどないという声も聞かれます。

Environment

子育て・教育環境

帯広には、市内6カ所の保育所に併設されている「帯広市地域子育て支援センター」があり、0歳から就学前の子供とその保護者が遊んだり参加したりできるイベント、親子教室や子育て相談を実施しています。とくに、第1子である1歳未満児の保護者(両親、祖父母など)や妊婦が対象の「ぴよぴよ広場」が好評で、利用者数が伸びています。
また帯広では0歳から6歳までの子供の医療費が無料、 幼稚園の保育料や入園料の一部の助成も行うなど、子育てに関わる助成・給付支援が充実しているのも特徴です。
学校を見てみると、公立である帯広柏葉高等学校が、帯広内ではもちろん、北海道内の高校の中でもハイレベルな進学校として知られています。その他、公立の帯広三条高等学校や帯広緑陽高等学校も人気の進学校です。また、荒川弘さんの描く大人気漫画「銀の匙 Silver Spoon」は、帯広農業高校をモデルにして描かれた物語としても有名です。

Traffic

交通事情

帯広は交通の便があまりよくありません。特急「スーパーとかち」の始発・終着駅となっているJR根室本線の帯広駅ですが、一日の運行本数が少なく、地元民の多くが車を移動手段に使用しています。その他の公共交通機関としては、十勝バスや北海道拓殖バスなどがありますが、こちらも一日に数本と運行本数が非常に少ないため、不便を感じるでしょう。そのため、帯広では自家用車が必須です。
帯広の道路は碁盤の目のように区画整備されており、慣れれば目的地まで簡単に到着することが出来るはずです。高速道路や国道も整備されているので、とても運転しやすいことが特徴です。
また帯広には帯広空港があるため、出張や旅行が多い方はこちらを利用するのも便利でしょう。

Public order

治安事情

帯広市の治安は良好です。防犯パトロールも頻繁に行われており、中心街の方は飲食店も多く、人通りもあるため、危険を感じることは少ないでしょう。ただし駅周辺は夜になると人通りが減り、夜道の一人歩きは注意が必要です。
また気になるのは、交通量の多さによる交通事故。車社会の帯広では、車関連のトラブルが起こりがちです。道路が広く、見通しが効いて運転しやすいことから、逆にスピードを出しすぎてしまうドライバーもいるようで、自分はもちろん、通学中の子供が交通事故に合わないように気をつけさせる必要があります。

Neighborhood

町内会・自治会の特徴

帯広市内には、約760の町内会と47の連合町内会が存在しています。町内会では生活の安全や美化活動など、町を住みよくするために様々な活動を行っています。例えば防災避難訓練や防犯パトロール、防犯灯の維持管理、啓発看板の設置、ゴミステーションの管理、公園や花壇の清掃・管理、児童の登下校見守りや、親睦行事。また、除雪のサポートや広報おびひろの配布なども行っています。
各地域に住んでいる住民同士で助け合いながら、快適な町作りをしていくために組織された会です。

帯広に住む方々の

Voice

帯広に住む方々の声_001

帯広の勝毎花火大会は、本当に感動するので皆にも見てもらいたいです。最近では音楽やレーザー光なども取り入れてかなり凝っています。恒例のフィナーレ「錦冠」は圧巻!冬場は除雪作業が大変ですが、子供たちがスキーを楽しむことが出来るのは良い点ですね。

(30代/男性)

帯広に住む方々の声_002

帯広には空気の澄んでいる公園がとてもたくさんあり、子供をつれて遊びに行く場所に困りません。私自身もとくに緑ヶ丘公園が好きで、写生したり、散歩したり、読書したりして過ごすことも多いです。ここの桜並木はとても美しく、毎年家族皆で楽しみにしています。

(30代/女性)

帯広に住む方々の声_003

美味しい食べ物、豊かな自然に溢れた場所です。ただ、帯広では車がないと暮らしていけません。車生活すると割り切ってしまえば、買い物には行けます。しかし、電車などの交通の便がもうすこし良ければ、もっと便利に暮らせるだろうと思います。バスも本数があまりなく、車が絶対に手放せません。

(30代/男性)

帯広に住む方々の声_004

帯広といえばやはり豚丼です。分厚く脂身の乗った柔らかい豚丼は絶品で、これを食べるともうファーストフードの豚丼は食べられなくなりますよ。豚丼だけでなく、とにかく食べ物に恵まれている場所だと思います。食材が良いので、どこの店で食べても美味しいんです。

(20代/男性)

Pick up

帯広の
周辺スポット情報

帯広競馬場

世界で唯一、ばんえい競馬が見られる競馬場。どの馬が一番力持ちかを競うばんえい競馬のばん馬たちは、皆どっしりと重量級。レースも迫力満点で大興奮間違いなしです。山羊やポニー、ウサギとふれあえるミニ動物園もあるので、子供も楽しめます。

十勝千年の森

複数のテーマの庭が合わさった、雄大な自然を感じることのできる庭園。ハイキングしたり、チーズやピザを作ったり、セグウェイ体験が出来たりします。森の中は現代アートがあちこちに配置されており、なかにはオノ・ヨーコ氏の作品も。34mの帯広山は、世界三大夜景のひとつと呼ばれるほど美しい夜景の名所。お昼でも帯広の景色を楽しむことが出来ます。ロープウェイも人気。JR帯広駅から車で10分弱。

ナイタイ高原牧場

総面積は約1700ha、東京ドームなら約358個分という、日本一広大な公共牧場。緑の牧場には牛たちがのびのびと放牧され、草を食んでいます。たまに野生の鹿が混じることも。まさに北海道らしい風景と言えるでしょう。

花畑牧場

全国的に有名になった北海道土産、生キャラメルでおなじみの花畑牧場。工房見学をしたり、自家製ソフトクリームやピザなどを味わえます。牧場で飼育されているミニチュアホースやリャマとも触れあうことも可能。

北の屋台

北海道らしい魚介料理から、焼き鳥居酒屋、韓国料理、イタリアンなど、多種多様な屋台がずらりと並ぶ、帯広の新名所。1件1件に濃い特色があるので、1件のみを目当てで行くより、何件もはしごしに行くのが楽しいでしょう。

六花亭本店

大人気の北海道スイーツといえば、六花亭のマルセイバターサンド。帯広にある六花亭本店では、商品の購入だけでなく、2階の喫茶室で実食することも可能。賞味期限3時間のサクサクパイも、ここならすぐに堪能できます。

あえて言うなら

気になるポイント

公共交通機関があまり発達していないため、車がなくては暮らしづらいエリアです。免許や車を持たない方は、駅の近くに住む必要があります。
また寒さが厳しい気候で、冬は地域によってマイナス30度にもなる低温が続くことも。大雪が降ることも珍しくなく、除雪作業は大変です。道路のアイスバーンに気をつけて、慎重に運転しなくてはなりません。