日本の高級住宅地と豪邸百科 函館の高級注文住宅・豪邸

函館に似合う高級注文住宅・豪邸カタログ

函館に豪邸を建てるなら、こんな邸宅はいかがでしょうか。高級注文住宅専門の建築設計事務所HOPが手掛けた全国の邸宅から、函館に似合う高級注文住宅例を、編集部がご提案します。

函館の高級注文住宅・豪邸_001
函館の高級注文住宅・豪邸_002
函館の高級注文住宅・豪邸_003
函館の高級注文住宅・豪邸_004
函館の高級注文住宅・豪邸_001
函館の高級注文住宅・豪邸_002
函館の高級注文住宅・豪邸_003
函館の高級注文住宅・豪邸_004

20世紀を代表する建築家のエッセンスを
取り入れた

後世に受け継がれる「文化」となる住宅建築を目指し、細部までこだわり抜かれた邸宅。木とれんがの温もりあふれるリビング・ダイニングは、大家族であるオーナー一家の笑顔が絶えない団らんの場。インテリアは、20世紀の偉大な建築家フランクロイドライトのデザイン要素をHOPオリジナルデザインと融合させ、クラシックかつモダンなテイストで統一感を出している。

函館の高級注文住宅・豪邸_005

息を飲むほど美しい絶景スポットを、
自宅リビングに。

澄んだ空気に輝く、息を飲むほど美しい夜景を一望できるリビング。ソファに腰掛けた位置から絶景を独り占め出来るよう計算された、贅沢なビュースポットだ。

函館の高級注文住宅・豪邸_006

開放感たっぷりの
ダイナミックなリビング。

東西2方向を開放したダイナミックな設計が特徴の邸宅。木造軸組工法をベースに耐久性を向上させたHOPオリジナル工法と、木質ラーメン工法の合わせ技で、強度と開放感の両立を叶えている。

函館の高級注文住宅・豪邸_007

四季を知らせる
優雅な曲線を持つ邸宅。

外観2階部分の優雅なカーブが美しい邸宅。この曲線の内部はリビングになっており、開口部からは太陽光や星明かりをはじめ、365日の季節の移ろいも味わうことが出来る。

高級注文住宅専門「HOP」の
建築事例をもっと見る

函館に
高級注文住宅・豪邸を建てるなら
知っておきたい基礎知識

函館の特徴は?

世界屈指の夜景スポットや
美味しい海の幸が堪能できる

1854年、かのペリーがやってきて開港した港町である函館。
そんな歴史ある函館には、大変多くの観光スポットが存在します。函館の市街が一望出来る素晴らしい夜景スポットである函館山を筆頭に、北海道きっての歓楽温泉地の湯の川温泉、徳川幕府が蝦夷地を外国から守る目的で建てた洋式城郭の五稜郭など、数え切れないほどの見所があります。
また、津軽海峡でとれるウニや毛ガニ、ホタテやイカなど、鮮度抜群の海産物を日常的に堪能出来るのも、他ではなかなか叶えられないことでしょう。
函館の高級住宅街は点在しており、元町や松陰町、柏木町、湯川町などが有名です。のんびり穏やかな雰囲気が漂う町に大豪邸が建っているのが、函館の高級住宅地の特徴です。

函館の坪単価は?

134,317円/坪
※2018年(平成30年) 時点

参照元:土地価格相場が分かる土地代データより
https://tochidai.info/

Attraction

街の魅力は?

香港・ナポリと並ぶ世界三大夜景のひとつといわれる美しい夜景が見られる函館。
函館の街はレトロで異国情緒ある街並みが魅力で、金森の赤レンガ倉庫や、旧函館区公会堂、五稜郭、函館市旧イギリス領事館など、歴史ある建物物やスポットも満載です。
また、函館の海産物は絶品。鮮度が非常に高い海の幸を毎日味わうことが出来るのも、函館ならでは。
また高級住宅街である函館元町エリアでは、「函館市旧イギリス領事館」や「旧函館区公会堂」、「函館ハリストス正教会」などの荘厳な洋風建築を鑑賞することが出来ます。
地元の文化や素材を贅沢に味わいながら、穏やかに落ち着いた暮らしを送れるのが函館の魅力です。

Facility

周辺施設

海にも山にも囲まれた場所なので、どちらの食材も手に入りやすく、海産物は新鮮そのもの。函館にはイオンやラルズ、魚長などのスーパーが点在しており、近所のスーパーでもとびきり新鮮なお魚が手に入るはずです。大型のスーパーへ行くには車がないと不便かもしれません。函館はコンビニや飲食店が多く、日常的な外食やちょっとした買い物には困らないでしょう。
大きな病院、介護系の施設も充実しているので、医療環境は整っています。ただし、夜遅くまで診療をしているところは少ないので注意。

Environment

子育て・教育環境

自然豊かで食事も美味しい函館は、子供の興味の幅を広げ、実経験を増やしたり、食育の観点から観ても子育てするのに良いエリアでしょう。
ただ、函館の子供の数は年々減少傾向にあり、小学校や中学校の統廃合が進んでいます。隣町の小学校に通うしかない子供もいるため、函館に住むことを検討する際は、子供が通う予定の学校の状況を確認しておきましょう。
そうした現状からか、函館では地域ぐるみで子育て支援を行うことに力を入れており、託児所や子供相談室などが設けられたキッズプラザという施設が、函館駅前に誕生しました。
また函館には私立の名門中高一貫校も多く、男子校である函館ラ・サール高等学校や、女子校である函館白百合学園高等学校があります。

Traffic

交通事情

函館が「住みたい街」として毎年高い人気があるのは、交通の便の良さも理由のひとつ。そのくらい交通網は発達しています。
街中を走る市電(路面電車)、市バスともに本数が多いことや、街自体がコンパクトにまとまっているため、気軽に行きたい場所へ行くことが出来ます。
JR函館駅と函館空港もあるため、出張が多い方でも安心です。
ですが、自家用車を所有していないと行きづらい郊外に大型店や施設があることも多く、長く住むつもりであるならば、車を持っていたほうがいいでしょう。ただし、市電が街中を走っているので運転を難しく感じることもあるかもしれません。

Public order

治安事情

函館では町内会での見回りパトロールがあり、治安は良い方です。観光地周辺は観光客も多いのですが、住宅街の方は落ち着いています。
ただし深夜になると人気が少なくなり、街灯も減ってしまい、暗い道が増えます。交番も多くはありませんので、一人歩きは避けた方が良いでしょう。
観光地の近くは車の通りも多く、人が集まり騒がしい部分もあります。たまに夜まで騒音が気になるエリアもありますので、住む前にしっかりと土地の環境を調べましょう。
富裕層の多い住宅街は、とくに空き巣などに狙われやすくなります。防犯面にはしっかりと注意して、セキュリティの強化に努めましょう。

Neighborhood

町内会・自治会の特徴

函館市の町内会・自治会は平成30年5月時点で182の組織数となっています。「自らの手で住みよいまちづくり」をキャッチフレーズに、町内の美化清掃活動や、街路灯の維持管理、防犯パトロールなど、防犯や交通安全、防災、青少年の健全育成などの問題に対して様々な取り組みを行っています。
またお祭りやイベントの開催などを行うことで、地域の活性化と親睦を深める活動を行っています。ただ、人口減少や高齢化のため、町会への加入率は年々低下している現状です。

函館に住む方々の

Voice

函館に住む方々の声_001

駅周辺には大きなスーパーもあるので、雪害以外にはとくに暮らしにくさを感じたことはありません。街の中にはたくさんの名所があるのも魅力で、とくに函館山の夜景は、函館に長く住んでいるのに、何度見ても感動して胸が詰まります。

(40代/女性)

函館に住む方々の声_002

子育てしやすいと感じる街です。小学校から大学まで教育機関も整っており、学校も近く、通学路などに不安を感じることはありません。近所に大きな病院があって、先生もしっかりしています。ここでは落ち着いた平和な暮らしをすることが出来ます。

(50代/男性)

函館に住む方々の声_003

住宅街の方の治安は悪くないですが、夜になると暗い道がすごく多く、不安な思いをします。住宅地の方にはあまり遊べるようなスポットはないので、その辺は寂しいです。生活の為のお店などは駅周辺に揃っていますので便利です。

(30代/女性)

函館に住む方々の声_004

函館はとにかく料理が美味しいので、食べるのが好きな人には天国のような場所だと思いますよ。アクセスもよく、市電でどこにでも行けるのも便利。自然に関する場所は多いのですが、もう少し文化施設などが充実してくれると更に良くなると思います。

(20代/女性)

Pick up

函館の
周辺スポット情報

五稜郭

江戸幕府が北方警備の要として建てた星形の城郭・五稜郭。4月下旬~5月上旬になると、城郭に沿ってソメイヨシノが咲き乱れ、桜の名所になります。市電で五稜郭公園前駅から徒歩15分ほど。

函館山

函館市西部にある標高334mの函館山は、世界三大夜景のひとつと呼ばれるほど美しい夜景の名所。お昼でも函館の景色を楽しむことが出来ます。ロープウェイも人気。JR函館駅から車で10分弱。

金森赤レンガ倉庫

函館ベイエリアにある金森赤レンガ倉庫は、50もの店舗が集うショッピングモール。個性的なショップが集まる金森洋品館や、オルゴール堂のあるBAYはこだてなど、魅力的な店が多く集まっています。

湯の川温泉

函館空港にほど近い歓楽温泉地。大人気の温泉街で、港町ならではの毛ガニやイカ、ウニなどの海の幸もたっぷり堪能出来ます。冬になるとニホンザルが温泉に浸かる「サル山温泉」が観られるように。

八幡坂
(はちまんざか)

ドラマや映画、CMなどの舞台にもなった坂の名所。
坂の多い函館の中でもとくに美しい眺めが特徴で、日本経済新聞の電子版ランキング「観光で訪れたい坂の名所ベスト10 」でも1位を獲得しました。

ひかりの屋台
大門横丁

その昔は函館随一の歓楽街だった大門地区を再生させようと生まれた「大門横丁」は、海鮮系居酒屋や寿司屋をはじめ、ラーメン、ジンギスカン、バーなど様々な店が集まった、ローカル感ある屋台村です。

あえて言うなら

気になるポイント

函館はアクセスも良いエリアですが、大型のショッピングセンターやホームセンターは郊外にあることが多く、行きたい場合は車を持っていないと困ることが多いかもしれません。とはいえ、車を持った場合は冬の雪道の運転も大変です。雪が降ると、車が埋もれてしまったり、除雪されていないような場所もあったりします。雪道の運転は慣れていないと大変ですから注意が必要です。
また、函館は坂が多いため徒歩は辛いという声や、道がわかりづらいという声も聞かれました。